雑誌から得るべき知識

皆さん、新台はチェックしていますか?

さて今回は、雑誌の読み方についてお話しします。

皆さんは必ず買うパチンコ雑誌がありますか?

楽天 Amazon
パチンコ必勝本CLIMAX (クライマックス) 2013年 01月号 [雑誌]
パチンコ必勝本 CLIMAX (クライマックス) 2012年 12月号 パチンコ必勝本CLIMAX (クライマックス) 2013年 01月号
パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10 最新機種もW守山が徹底攻略&ガチンコDVD150分!! (GW MOOK 8)
パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10 パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10

パチンコ雑誌は特に必ず買わなければならないものではありませんが、やはり買ったほうが色々とためになります。

まず新台情報が載っています。

今度出る新台がどういったものなのかは知っておくべき情報です。

もしかしたらめちゃくちゃ稼げる台かもしれません。

そのようなめちゃくちゃ稼げる台は今でもたまに発売され、入荷されます。

そんな情報を見逃していたとなったら後々のショックが半端ではないです。

新台情報は必ずチェックしましょう。

勘違いしないでいただきたいのは、別にそのようなめちゃくちゃ稼げる台が出るかどうかを知るためだけの新台情報ではありません

台の仕様把握」の記事でも言いましたが、最近の機種はシステムがどんどん複雑化しています。

システムだけならまだいいですが、遊技方法まで普通の機種とは違うといった機種もあります。

なので、そういった情報を得るためにも新台情報はチェックすべきものです。

しかし、ここで人によってはあることを思うと思います。

無料サイトで十分じゃん

たしかに最近の無料サイトは上質なものが多いです。

携帯でも手軽に新台情報が入手できる時代です。

それでも私は雑誌をおすすめします。

理由は、画像付きで載っているからです。

新台というものはまだ見たことのない台です。

そういった台は1度見ないと把握が不十分になりがちです。

文章的にはしっかり調べていったのに、実際に新台を目の前にすると全部忘れたなんていうことは多々あります、私だけかもしれないですけど。

でもそのような人は大人数いるのではないでしょうか。

しかし画像付きで見ていると、その新台は写真では見たことある台になるわけです。

そのように画像付きで調べを付けると、文章だけよりは詳しく理解できます。

もちろん、無料サイトにも画像を載せているところもあると思います。

しかし載っていても版面画像くらいで、細かな部分の画像は載っていないと思います。

なので新台情報の入手先に関しては、私は雑誌をおすすめします。

さて、雑誌でもう1つ参考にすべきなのは、プロの立ち回りです。

雑誌にはいろんなプロの立ち回りが載っています。

それらを参考にして、自分の立ち回りに活かしましょう。

ただ間違ってはいけないのは、「参考にする」と「それを正しいと思う」というのは全くの別物だということです。

つまり、「プロの立ち回りを参考にする」というのと「プロの立ち回りは正しいと思う」というのは別物だということです。

プロの中にも雑誌に載っているからプロと呼ばれているが、立ち回りは全くプロではないといったプロが山ほどいます。

なので、雑誌にのっている立ち回りを全て鵜呑みにしてないけません。

もちろんそのまま使える、プロのような立ち回りも載っているでしょう。

しかし全く使えない、全くプロではない立ち回りも載っています。

そしてその全くプロではない立ち回りに対してツッコミを入れてください。

なんでそこで台移動なんだよ」とか「いやいやいやいや、そこは打ち続けるべきだろ」とかです。

要は、プロではない立ち回りにプロ目線でのツッコミを入れるわけです。

間違い探しみたいなものですね。

このプロの立ち回りはどこが間違っているのでしょうか?という問題が出されたとしましょう。

それに答えられるようになればプロに近付いている証拠です。

そのようにしてプロの立ち回りを参考にしましょう。

基本的にはこの2つが雑誌から得るべき知識です。

逆に全く得なくて良い知識は、「台の仕様把握」の記事でも言ったように、演出関係です。

演出なんて調べなくても勝てます。

演出を調べる暇があったら、その台の仕様を完璧に把握してください。

何も見なくてすべての仕様を説明できるようになってから演出を調べたいのなら調べましょう。

あとちなみに上にも載せましたが、私が良く参考にする雑誌は下の2つです。

楽天 Amazon
パチンコ必勝本CLIMAX (クライマックス) 2013年 01月号 [雑誌]
パチンコ必勝本 CLIMAX (クライマックス) 2012年 12月号 パチンコ必勝本CLIMAX (クライマックス) 2013年 01月号
パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10 最新機種もW守山が徹底攻略&ガチンコDVD150分!! (GW MOOK 8)
パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10 パチンコ激闘伝!実戦守山塾 vol.10

この2つは共に「守山アニキ」というプロが寄稿しています。

彼の立ち回りは非常に参考になると思います。

もちろん間違っていることもあるかもしれませんので鵜呑みにすべきではありませんが、読む価値はあると思います。

気が向いたら読んでみてください。

さて、雑誌の読み方についてはこのくらいです。

プロの立ち回りは「納得する」と「ツッコミを入れる」の2つの参考の仕方で使用してみてください。

後者はいわゆる反面教師というやつです。

さて次回は「羽根物」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。