ボーダー理論⑥:確率の偏りと収束

皆さん、パチンコの期待値は理解できましたか?

期待値はボーダー理論の中でもっとも重要な項目です。

是非、完璧にマスターしておいてください。

さて今回は「確率の偏りと収束」についてお話しします。

前回前々回の記事は架空の機種Aを使って説明してきました。

そしてこの架空の機種Aは、説明上分かりやすいように100回転目に大当たりを引くという設定で話を進めてきました。

これは、トータル確率が1/100だからですが、実際パチンコ屋さんに置いてあるトータル確率が1/100の機種が100回転目に大当たりを引くことはまずないです。

もちろん、たまに偶然100回転目に引くこともありますが、殆どの場合そう簡単にはいきません。

そもそも架空の機種Aは通常時大当り確率1/300で、平均連チャン数3回ですから、100回転に1回当たると説明してますが実際には300回転に3回当たるということになります。

じゃあ300回転目に大当たりが引けるのかと言われると、これはまた無理な話です。

もちろん先ほども言ったように偶然もありますが、実際には100回転以内で当たったり1000回転以上ハマったりします。

皆さんも経験したことがあると思います。

「今日はよく当たるなぁ」とか「今日は全然当たらないなぁ」とか、大爆発してみたり大負けしてみたり。

これらの原因は確率の偏りです。

通常時大当り確率が1/350くらいの機種なのに、100回転や200回転以内にパコパコ当たりが引けて、しかも大連チャンすることがあります。

これは確率がいい方向に偏っているからです。

つまり、当たりやすい連チャンしやすいように確率が偏っています

逆に、500回転や1000回転以上ハマってやっと大当たりが引けたと思ったら単発で終了ということもあります。

これは確率が悪い方向に偏っているからです。

つまり、当たりにくい連チャンしにくいように確率が偏っています

そしてこれは、パチンコ台がどうこうといった話ではありません

確率の偏りは自然発生的なものです。

よく「あの台はハマりやすい」とか言われているのを耳にしますが、それはたまたまその人の運が悪かっただけでパチンコ台自体は完全確率抽選なので、ハマりやすいといったことはありません。(完全確率抽選についてはこちら)

この確率の偏りは確率が関係するすべてのことで起こります。

例えばサイコロです。

1の目が出る確率は、空気抵抗や摩擦などの条件を無視すると1/6です。

しかし、6回投げたら必ず1回、1の目が出るのかといえば、当然そうはなりません。

2回出ることもあれば1回も出ないこともありますし、奇跡が起きれば6回すべて1の目ということもあります。

これも確率が偏っているからです。

6回や12回投げただけでは確率も大きく偏りますが、何千回、何万回と投げるとやがて1/6に近くなってきます。

これを確率の収束といいます。

実際には1/6.1や1/5.9など1/6に限り無く近くなります。

1/6ピッタリになることもありますが、これも偶然です。

しかし、何度も何度も投げて試行回数を増やすと確率が本来の数字に収束してくるといった現象は偶然ではありません。

そしてこれは、パチンコでも同じです。

よく当たる時があったり、全く当たらない時があっても、やがて本来の確率に近くなります。

下のデータを見てください。

total.png

nomal.png

makai.png

これは私が5日間、初代ガロを打ったときのものです。(ピンクの線がガロが持つ本来の確率で、青の線が私が実際に引いた確率です)

牙狼

初日は悪い方向に確率が偏り、トータル確率も1/1200以下とひどいものになりましたが、2日目から盛り返し、5日目には本来の確率に近くなっていることがわかると思います。

このように5日間で収束するというのは割と珍しいパターンですが、もっと打ち続ければ、もっと収束していきます。

理解できましたか?

これが「確率の偏りと収束」です。

確率の話は難しいですよね・・・

私も説明頑張りますので、皆さんも頑張ってついてきてください!(笑)

次回は「ボーダーライン」についてお話しします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。